弁護士への相談

もしB型肝炎の給付金を受け取りたいならば、弁護士に相談をすると良いでしょう。弁護士であれば、給付金請求のための資料収集を手伝ってくれたり、実際に裁判をするための手続きも代理として行ってくれます。訴訟や裁判に関する専門家である弁護士に依頼をすれば、すべての手続をスムーズに進めてもらえるでしょう。

弁護士弁護士に依頼するのはお金がかかってしまうと心配している方がいるかもしれません。B型肝炎の給付金訴訟については、弁護士費用を国が補助してくれる制度があります。こちらを利用することによって、弁護士費用の負担を気にする必要がなくなります。また、基本的に給付金のうちの何割かを弁護士報酬として支払うという契約となります。そのため、自分で弁護士費用を負担する必要はないのです。それでも、できるだけ弁護士費用の安い弁護士に依頼をした方が、より多くの給付金を受け取ることができるでしょう。

弁護士への相談というのは気軽にできるものです。無料の相談を受け付けている法律事務所は多いです。もしB型肝炎の給付金について悩んでいるならば、気軽に弁護士を頼ると良いでしょう。そうすれば、いろいろなアドバイスをしてくれたり、実際に弁護士への依頼ができるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

給付金支給の流れ

実際にB型肝炎の給付金を受け取るための流れについて説明しましょう。まずは資料収集をしなければいけません。給付金を請求するためには自分が条件を満たしていることを証明しなければいけないのです。そのための資料を自分で用意する必要があります。

裁判所必要な書類を準備したならば、国に対して訴訟をすることになります。B型肝炎の給付金は国に訴訟をして裁判所が要件を満たしているのかを認定して、和解が成立するという流れとなっているのです。和解が成立したならば、それぞれの症状や病状に応じて異なる金額が支給されます。最終的にはしっかりと給付金を受け取ることができるのです。その際には必要な書類は社会保険診療報酬支払基金に提出する¥ことになります。書類が受理されれば、給付金が振り込まれるでしょう。

このような流れとなっており、手間がかかるのは資料を集めるのと訴訟をするための手続きでしょう。これまでに自分で訴訟の手続きをしたことがないという方は多いでしょう。そのような方にとって、B型肝炎給付金の訴訟というのはハードルの高いものとなります。どうすれば良いのか分からないという方もいるでしょう。そんなときには弁護士に相談をすることをおすすめします。


~推奨リンク~
ご依頼から給付金を受け取るまでの流れ | B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎と給付金

日本にはB型肝炎に感染している方が100万人以上いるとされています。そして、そのほとんどが母子感染が原因となって感染してしまった形です。こちらの感染者が広がった原因というのは、戦後から1988年頃までに実施されていた集団予防接種において注射器が使い回しされていたことです。これによってウイルスが蔓延してしまいました。また、母子感染を防ぐための対策もその頃までは行われていなかったために二次感染者も広がってしまったのです。

注射器国はこのような状況をずっと放任していました。40年にもわたって何も対策をとらなかったのです。その責任を問うために感染者が集団訴訟をしました。そこで基本合意が締結して、給付金を支給するための特別措置法が施行されたのです。

B型肝炎の給付金を受け取るためには国に訴訟をすることになります。自分から行動しなければいけないのです。国の方で通知してくれるわけではないため、B型肝炎の給付金を請求できる権利を持っている方は、自分でいろいろなことを調べて手続きをする必要があります。

こちらではそんなB型肝炎の給付金について説明しましょう。一体どのような制度であり、どうすれば給付金を受け取ることができるのか基本的な流れについても紹介します。こちらを参考にすることによって、B型肝炎の給付金をしっかりと受け取ることができるでしょう。受け取れる要件を満たしているならば、受け取れるチャンスがあるのです。そのチャンスを無駄にしないでください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket