B型肝炎と給付金

日本にはB型肝炎に感染している方が100万人以上いるとされています。そして、そのほとんどが母子感染が原因となって感染してしまった形です。こちらの感染者が広がった原因というのは、戦後から1988年頃までに実施されていた集団予防接種において注射器が使い回しされていたことです。これによってウイルスが蔓延してしまいました。また、母子感染を防ぐための対策もその頃までは行われていなかったために二次感染者も広がってしまったのです。

注射器国はこのような状況をずっと放任していました。40年にもわたって何も対策をとらなかったのです。その責任を問うために感染者が集団訴訟をしました。そこで基本合意が締結して、給付金を支給するための特別措置法が施行されたのです。

B型肝炎の給付金を受け取るためには国に訴訟をすることになります。自分から行動しなければいけないのです。国の方で通知してくれるわけではないため、B型肝炎の給付金を請求できる権利を持っている方は、自分でいろいろなことを調べて手続きをする必要があります。

こちらではそんなB型肝炎の給付金について説明しましょう。一体どのような制度であり、どうすれば給付金を受け取ることができるのか基本的な流れについても紹介します。こちらを参考にすることによって、B型肝炎の給付金をしっかりと受け取ることができるでしょう。受け取れる要件を満たしているならば、受け取れるチャンスがあるのです。そのチャンスを無駄にしないでください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket