給付金支給の流れ

実際にB型肝炎の給付金を受け取るための流れについて説明しましょう。まずは資料収集をしなければいけません。給付金を請求するためには自分が条件を満たしていることを証明しなければいけないのです。そのための資料を自分で用意する必要があります。

裁判所必要な書類を準備したならば、国に対して訴訟をすることになります。B型肝炎の給付金は国に訴訟をして裁判所が要件を満たしているのかを認定して、和解が成立するという流れとなっているのです。和解が成立したならば、それぞれの症状や病状に応じて異なる金額が支給されます。最終的にはしっかりと給付金を受け取ることができるのです。その際には必要な書類は社会保険診療報酬支払基金に提出する¥ことになります。書類が受理されれば、給付金が振り込まれるでしょう。

このような流れとなっており、手間がかかるのは資料を集めるのと訴訟をするための手続きでしょう。これまでに自分で訴訟の手続きをしたことがないという方は多いでしょう。そのような方にとって、B型肝炎給付金の訴訟というのはハードルの高いものとなります。どうすれば良いのか分からないという方もいるでしょう。そんなときには弁護士に相談をすることをおすすめします。


~推奨リンク~
ご依頼から給付金を受け取るまでの流れ | B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket